2つのコースから選ぶ

セミナー

プロジェクト2020では、主に2つのコースが用意されています。1つ目のコースは、これから初めて海外旅行に行き英会話を試してみたいとするコースです。このコースの場合には、初級中の初級の英会話になるため、それほど英語の知識も必要ありません。そのためほとんど料金をかけずに習得することが可能になります。少なくとも、毎日勉強すれば1ヵ月間ほどで習得できる内容になるでしょう。もう一つのコースは、実際に海外に住む時に日常会話レベルの英会話ができるように勉強していくコースです。このコースを受講することにより、少なくとも英会話を使いながら海外で生活をすることができるでしょう。基本的に、3ヶ月から4ヶ月間ぐらい集中して勉強できればこれらの内容をマスターすることが可能です。

仕組みを簡略化させる

複数の人

プロジェクト2020の特徴の1つは、少なくとも最初から4回目あたりまでの動画の料金が無料になっていることです。それだけでなく、中学校で勉強したレベルの英語だけで英会話が成立するようにしている仕組みです。このように考えれば、比較的簡単に英語ができるようになることが理解できるはずです。なぜこれが可能かと言えば、少なくとも最初の段階で英語に対する苦手意識をとることができるからです。これを開発したチョードリーさんは、日本人が英会話を苦手とする理由の1つが正しい英語を意識しすぎているからだと考えるようになりました。そこで、正しい英語を意識しすぎるのではなく少し間違っていても相手とコミュニケーションが取れるようになれば良いとかんがえたことからより仕組みを簡略化することができたわけです。

心理的な壁を取り払う

会場

料金を必要としないプロジェクト2020ですが、これを上手に利用するための方法として開発者のチョードリーさんが考えた方法は、心理的な壁を取り払うことでした。日本人の英語会話恐怖症は時代を超えてまだ続いている傾向があります。これを取り払うためには、単に英語力を磨いただけではだめなことに気がついていました。何故かと言えば、英語で高い得点を取る人でも、英会話になると途端に言葉が出てこなくなるからです。これは単に勉強ができるかどうかの問題ではなく、英語に対する心理的な恐怖を取り払わないと解決しない問題だと気がついたわけです。これに気がついたチョードリーさんが行った対策の1つがまず心理的なカウンセリングの考え方を取り入れたことです。従来の英会話教室ならば、カウンセリング的な考え方を取り入れる事は滅多にありませんでした。しかし、心理的な壁があることに気がついたためカウンセリングも同時に行っていくことにしているのです。

広告募集中